「私の10のルール」ブック
毎週火曜深夜、TBSで放映されている「私の10のルール」を記録しておくブログ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中田ヤスタカさんの10のルール
◇9月9日TBSにて放送

中田ヤスタカさん
音楽プロデューサー。
2001年、こしじまとしことのユニットcapsuleでメジャーデビュー。
その活動と並行して、Perfumeなど様々なアーティストに楽曲提供を行い、多くのヒット曲を生み出しつづけているヒットメーカー。



【Rule1】曲のストックを作らない
「面白そうなことをやろうと思うと、そのタイミングで一から作る方が楽しいかな」


【Rule2】レンタルはしない
自身のプライベートスタジオを紹介してくれるヤスタカさん。
「レンタルって便利なんですけど、精神的に不自由じゃないですか。でかい商業スタジオを借りちゃったりすると何十万円とかするし、でもお金出すのは自分じゃないし、借りてもらったらその時間内に成果ださなきゃいけないし、"今日は気分じゃない"って言えるような立場じゃないし。だから借りない」
「環境が劣っていたとしても、自分のものっていうところが上のような気がする、重要視する部分でいったら。使わないってことも選べる。自分が所有できる範囲でがんばりたいってのもあるんですよね」


【Rule3】なるべくひとりで全部やる
capsuleのジャケットデザインの多くはヤスタカさん自身が手がけているとのこと。
さらに、レコードエンジニアなど音に関する全てをひとりで行っているそう。
「作曲と作詞とアレンジとレコーディングエンジニアっていうのを全部やっているのは、裏方として全部を把握したい。世の中に出たときに、この曲いいねと言われても、わるいねって言われても、その方が納得がいくっていうか」
「音に関しては、全部監督していたいっていう部分があるんですね」

→続きを読む♪
スポンサーサイト

テーマ:TV番組 - ジャンル:テレビ・ラジオ

藤田志穂さんの10のルール
◇7月8日TBSにて放送

藤田志穂さん
元ギャル社長。
ギャルに関するマーケティングを行う、シホ有限会社G-Revoを設立し、ギャルの視点から様々なアイデアを世間に発信、注目を集めた。




【Rule1】月曜の朝は渋谷掃除
月曜の朝、藤田志穂さんの1週間は渋谷のゴミ拾いからはじまる。
これは彼女が会社を起ち上げたときからはじめたのだという。
「やっと事務所を借りることができ、うれしくて、その周りの掃除を始めたのがきっかけ」
起業は、ギャルの格好だと仕事探しもままならず、作った方が早いかな?と思ったから。大好きな街・渋谷、そこを綺麗にするのは当たり前、と語る。


【Rule2】下のアイラインは欠かさない
ファンデーション塗らなくても、チーク塗らなくても、何しなくてもいいけど、下のアイラインだけははずさない。
『それだけで「あ、志穂だ」と言われますw』


【Rule3】農作業のときも本気でオシャレする
秋田県大潟村の田んぼに現れた藤田志穂さん。
前々から興味があった農業をはじめるため、昨年末社長業を引退した彼女。
月に2,3度こちらの田んぼを訪れるのだとか。
「自給率の問題とか、原産地の問題とか、その原因としてやっぱり農家の方の高齢化が進んでるって聞いて、じゃ、若い人たちがもっとがんばればいいじゃん」
周りから見てカワイイ・カッコいいじゃなくて、自分の中で"こういうときは、この服、この色♪"みたいな、好きなようにできないとテンションが上がらない、とのこと。


【Rule4】出されたものは何でも食べる
今度は、静岡県の野菜畑に現れた藤田志穂さん。
野菜作りを教えてもらっている農家のお母さんからは、持ってきた食べ物や採りたての野菜を頂き、パクつく彼女。
「ママに小さいころから、出されたものは全部食べろと教え込まれてきたのでw」

→続きを読む♪

テーマ:TV番組 - ジャンル:テレビ・ラジオ





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。